スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むかご どっさりいただきましたーⅡ

大量のむかごを保存するのは初めてでした。
簡単!紙袋に入れて室温で大丈夫でした。小粒から食べ始め、
最後は少ししなびてきましたが、霧を吹いて10分くらいおきましたら
つるつるお肌に戻りました。

1130 (2)
むかご、粒コーンをはんぺんで練り混ぜ、シュウマイの皮で
かわいく包んで揚げました。
冷めてもおいしく仕上がりました。ビールのお供に、小さな孫(4才)も
指でつまんでポンポンと口に運んでいました。

IMG_06551119.jpg
かき揚げです。
人参、きのこ、長ネギ、ちりめんじゃこなど冷蔵庫に少しずつ残っていた
食材を利用しました。衣には冷凍のすり山芋を加えました。
セルクルを使ってまあ~るく、背高のっぽにしました。

CIMG3501 1120
最後はグラタンです。
海老、いか、貝柱、人参(三色)玉ねぎなどをバターで炒めました。
ホワイトソースでなく、山芋をすりこ木たたいてつぶし、
マヨネーズ、生クリームを加え、上に流し入れ、
ピザチーズをのせて焼きました。

1ヶ月間、充分に楽しませていただきました。

ごちそうさまでした。
ありがとうございました。

  ひろせ けいこ
スポンサーサイト

むかご ありがとうございました。

むかごをどっさりいただきました。
鳥取のは粒が大きいですね。まずは家族全員が大好物のおこわを炊きました。
ご近所の高齢でおひとり暮らしの方々にもおすそ分けしました。
大使気分で・・・。
CIMG3474113.jpg

蒸して大根おろしでさっぱりと。
IMG_0626116.jpg

茶わん蒸しにユリ根に代わりに使いました。
ホクホクして他の具材との相性もばっちりです。
上に乗せたつもりが沈んでしまいましたので、
掘り出して撮影!卵がくずれています。
CIMG34791105.jpg


むかごとぎんなんのおこわを紹介します。

材料
  もち米・・・・・350g
  ぎんなん・・・・100g
  むかご・・・・・100g
  [A]
  だし汁・カップ・1
  塩・・・小さじ・1弱
作り方
① もち米は洗って、30分~1時間、水に浸けておく。
② ぎんなんは殻、うす皮をとる。むかごはさっと水洗いする。
③ 鍋にAを入れ、火にかける。沸騰したら①を加える。中火にして木べらを使い、水分をもち米にからませる。
  水分がなくなったら火を止め、②を加え、さっと混ぜる。
④ 蒸気のあがった蒸し器に濡れ布巾を敷いて③を移し入れる。強火で約20分蒸す。
  米粒を一粒食べて、火どおりをチェックする。米の浸漬時間により、炊きあがり時間が違ってくる。

秋ならでは ごちそうではないでしょうか。

   ひろせ けいこ
プロフィール

野菜ソムリエ食のみやこ鳥取県大使

Author:野菜ソムリエ食のみやこ鳥取県大使
『野菜ソムリエ食のみやこ
鳥取県大使』として
活動できます事をとても嬉しく
大変光栄に思っております。

産地で交流させていただいた
二日間だけでも鳥取県の青果物や
生産者さん達の魅力を
沢山発見することができました。

鳥取県の皆様にとっては
当たり前の事も
私達にはとても新鮮で、
大きな驚きと感動があります。

私達が感じた鳥取県の魅力を
ブログも活用しながら、
料理教室やセミナー、イベントなど、
さまざまな形で
積極的に心を込めて
お伝えしていきます。

野菜ソムリエの代表として
私達5人で力を合わせて
精一杯、つとめてまいりますので、
どうぞ宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。