スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らっきょうのワークショップ名古屋でも開催

 名古屋でもらっきょうを生でも甘酢漬けでも漬け汁までも楽しめる講座が開催されました。
「らっきょう漬け」には下漬けをして、醗酵させてから「本漬け」をする方法とJA鳥取が
研究研鑽を重ねた「かんたん漬け」があります。今回はらっきょうの生産者でもあります
香川さまと誰でも失敗なくかんたんに漬けられおいしくいただける「かんたん漬け」を
実習しました。

 まずはらっきょうの植え付けから収穫までの一年をお話しいただきました。
生産者、香川さまの説得力ある熱い語りに受講生は真剣に耳を傾けていらっしゃいました。
灼熱地獄のような真夏の植え付け、美しいラベンダー色の花が咲く秋、今年は高齢の方も
記憶にないような豪雪に見舞われ、お彼岸過ぎまで雪に埋もれたらっきょうの成長を
案じたそうです。お話を聞いているうちに、だんだんらっきょうがいとおしくなってきました。

 さあ~ 実習です。
皆さん、楽しそう!  嬉しそう! 根を切り、皮をむき、熱湯消毒と手際よく進められました。
冷めるまでのひと時、鳥取からご持参の3種類の甘酢漬けと「ほくほく焼き」を
デモの上、試食させていただきました。

 「ホクホク焼き」は旬の短い、生らっきょうの今ならでは食べ方です。
041620.jpg
テフロンのフライパンで油を使わないで焼き、
044620.jpg
甘辛醤油をからめます。
お酒のお供に、刻んで温かいご飯のお供に、どちらも飲みすぎ、食べ過ぎにご注意です。

 私は甘酢漬けや生らっきょう、漬け汁を使ったドレッシングとペーストを提案しました。
IMG_030130.jpg
IMG_030030.jpg

どちらも5~6日冷蔵保存できますので、生野菜、蒸し野菜、お豆腐、お肉など幅広く
活用できます。夏バテ対策にご利用ください。
CIMG326430.jpg
IMG_029330.jpg
IMG_015730.jpg

又残ったらっちょう酢の使い方も紹介しました。

血液サラサラ成分が含まれているらっきょうを毎日4粒食べましょう。甘酢漬けにしても
成分は損なわれないそうです、「かんたん漬け」は本漬けに比べ保存性が低いので、
冷蔵庫保存をおすすめ。早めに食べ切りまましょうと。「おいしいのですぐ食べたべちゃう」
「復習もかけて漬けてみます」などとうれしい声が上がりました。

大事そうに「MYらっきょう漬け」を抱えて会場をあとにする皆さまに満足感をいただきました。
ありがとうございました。

    ひろせ けいこ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野菜ソムリエ食のみやこ鳥取県大使

Author:野菜ソムリエ食のみやこ鳥取県大使
『野菜ソムリエ食のみやこ
鳥取県大使』として
活動できます事をとても嬉しく
大変光栄に思っております。

産地で交流させていただいた
二日間だけでも鳥取県の青果物や
生産者さん達の魅力を
沢山発見することができました。

鳥取県の皆様にとっては
当たり前の事も
私達にはとても新鮮で、
大きな驚きと感動があります。

私達が感じた鳥取県の魅力を
ブログも活用しながら、
料理教室やセミナー、イベントなど、
さまざまな形で
積極的に心を込めて
お伝えしていきます。

野菜ソムリエの代表として
私達5人で力を合わせて
精一杯、つとめてまいりますので、
どうぞ宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。