スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥取視察二日目―Ⅰ

白ネギ圃場見学及び体験学習です。
こちらは標高600m位です。ほっくり、ホクホクの黒ぼく土壌です。
IMG_0176921.jpg

見渡す限りネギ!ねぎ! 畝と畝の間は土寄せ作業のためでしょうか
人が一人、通れる位の巾があいておりました。
IMG_0177921.jpg

収獲体験です。先ず生産者さんが、畝の斜面を耕運機で取り除きます。
IMG_0178921.jpg

手作業でひとまとまりずつ、前に倒しようにして、根元から抜きとります。
IMG_0184921.jpg

土を払い落とし、一本ずつばらします。
IMG_0187921.jpg


この時、病気にかかっているネギは取り除きます。
細かい部分は判りませんが、フニャフニャしていたり、
黄色っぽく変色しているものは私でもすぐ判りました。
生産者さんはここまでの作業を全自動収穫機又は、掘り上げ機で行うそうです。
IMG_0188921.jpg

出荷作業体験です。根を切り落とします。
IMG_0191922.jpg

根を残してしまうと又、根が出てきてしまいます。一本目は失敗!
下の方が残っているのが判りますか。

二本目は合格しました。ちなみに切り過ぎると芯が飛び出してくるそうです。
IMG_0192922.jpg

実際の作業が機械です。
IMG_0194922.jpg

右側を根にして両端一度に切り離し、
機械のうしろに集まるようになっていました。
IMG_0196922.jpg


皮むきです。一番外側の皮を手で少し持ち上げその部分から機械に差し込み、
IMG_0196922.jpg

前へ引くとピカピカに光った白ネギ誕生です。
IMG_0197922.jpg


この際病気にかかってしまったねぎの発見もできます。一本一本差し込むのが面倒と言うか、
ちょっぴり機械化が遅れている感じ!
 
束ねです。
IMG_0199922.jpg
私たちが求めやすい量、価格に合わせて束ねられます。現在は二本が主流だそうです。
IMG_0201922.jpg


白ネギは黒ぼく土壌だけでなく、米子市、境港市の砂畑でも栽培されています。
標高差800mもあるそうです。それを生かして高品質栽培をこころ枯れ、周年出荷がされています。

お薦めの逸品です。アンテナショップやデパートのイベントなどで目にしましたら是非! 是非!

  ひろせ けいこ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野菜ソムリエ食のみやこ鳥取県大使

Author:野菜ソムリエ食のみやこ鳥取県大使
『野菜ソムリエ食のみやこ
鳥取県大使』として
活動できます事をとても嬉しく
大変光栄に思っております。

産地で交流させていただいた
二日間だけでも鳥取県の青果物や
生産者さん達の魅力を
沢山発見することができました。

鳥取県の皆様にとっては
当たり前の事も
私達にはとても新鮮で、
大きな驚きと感動があります。

私達が感じた鳥取県の魅力を
ブログも活用しながら、
料理教室やセミナー、イベントなど、
さまざまな形で
積極的に心を込めて
お伝えしていきます。

野菜ソムリエの代表として
私達5人で力を合わせて
精一杯、つとめてまいりますので、
どうぞ宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。