スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥取視察一日目―Ⅱ

「梨下に冠を正さず」本当ですね。支柱が低く、157㎝の身長でも何度も頭をぶつけてしまいました。
収穫は楽でしたが。
IMG_012110721.jpg

「新甘泉」です。
004197.jpg

果重平均419g、糖度平均13.2度、14度以上の梨も少なくありません。酸味がなく、
びっくりする甘さの上、ジューシーです。二十世紀より前の出荷です。

「なつひめ」です。
IMG_0124107.jpg

果重平均380g、糖度平均11.7度で、みずみずしく、青ナシ特有の上品な味です。
出荷時期は「新甘泉」と同じですが、出荷量が少ない(67万トン)ため、
早めに姿を消してしまいます。

 
平成元年に育成に取り組み、交雑種子2万粒(気が遠くなるような数字ですね)を
播種(はしゅ)、15年以上かけて、病気に強い梨、おいしい梨を育ててきました。
「新甘泉」(平成20年)と「なつひめ」(平成19年)が新品種として登録されました。
肌合いが異なりますが、二品種共お父さんは「おさ二十世紀」(靑ナシ)お母さんは
「筑水(ちくすい)」「青ナシ)だそうです。不思議ですね。
お味も全く異なります。美味しい梨としての受け入れを考え、全果糖度測定をして、
出荷しているそうです。
   
二品種とも、未だ未だ生産量が少なく、関東地域では アンテナショップや
イベント会場でのお目見えですが、インパクトのある梨です。

「どちらがお好みですか。」よく聞かれました。
「赤ナシ」と「青ナシ」ですから甲乙つけるのは難しかったです。
強いて言えば、熱すぎるこの夏、甘~い「新甘泉」より、みずみずしくさわやかな甘さの
「なつひめ」に軍配をあげました。

 ひろせけいこ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野菜ソムリエ食のみやこ鳥取県大使

Author:野菜ソムリエ食のみやこ鳥取県大使
『野菜ソムリエ食のみやこ
鳥取県大使』として
活動できます事をとても嬉しく
大変光栄に思っております。

産地で交流させていただいた
二日間だけでも鳥取県の青果物や
生産者さん達の魅力を
沢山発見することができました。

鳥取県の皆様にとっては
当たり前の事も
私達にはとても新鮮で、
大きな驚きと感動があります。

私達が感じた鳥取県の魅力を
ブログも活用しながら、
料理教室やセミナー、イベントなど、
さまざまな形で
積極的に心を込めて
お伝えしていきます。

野菜ソムリエの代表として
私達5人で力を合わせて
精一杯、つとめてまいりますので、
どうぞ宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。