スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥取視察一日目―Ⅰ

9月初旬、鳥取にお伺いしました。今回は西部地区です。

大山ブロッコリー農園(S.E.W自然の恵み命を育む生命産業ワタナベFarm)におじゃましました。
オーナーの渡辺さま、JA鳥取西部の野口さまから大山ブロッコリーへの思いを熱く、厚く、
お話しいただきました。

大山と言いますと神奈川県の方は「おおやま」ですよね。鳥取は「だいせん」と読みます。
美しい姿の山で富士山(静岡県・山梨県)、立山(富山県)、御岳山(長野県・岐阜県)と
並ぶ日本4大名山です。
ブナの原生林があり、有機質を豊富に含んだ触るとホロッホロッとする柔らかい黒ぼく土壌で
生産者さんに深い愛着を込めて育てられています。
 
2週間ほど前に苗床から植え付けされた畑の前で真空予冷されていた「きらきらみどり」と
記念撮影です。
IMG_0118107.jpg


「きらきらみどり」は土づくりをきちんとした厳選された畑で化学肥料7割カット、
苦みやえぐみの基となる「硝酸イオン濃度」検査に合格した品だけが「きらきらみどり」と
名乗れるそうです。

収獲時点でブロッコリーの温度が高かったら、品質低下を招きますので、
植物の呼吸が穏やかな気温の低いうち、真夜中の2~3時頃から、
ヘッドライトをつけて丁寧に収獲するそうです。

畑から集荷場に運ばれますと、真空予冷で急速に冷やします。
流通は保冷車で冷蔵状態保ったまま店先まで運ぶそうです。
 
西日本では第一位の生産量をほこり、、えぐみ、苦みのないおいしい
「大山ブロッコリー」ですが、関東では限られたお店でしか手に入らないのが残念です。

  ひろせ けいこ
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【鳥取視察一日目―?】

9月初旬、鳥取にお伺いしました。今回は西部地区です。大山ブロッコリー農園(S.E.W自然の恵み命を育む生

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野菜ソムリエ食のみやこ鳥取県大使

Author:野菜ソムリエ食のみやこ鳥取県大使
『野菜ソムリエ食のみやこ
鳥取県大使』として
活動できます事をとても嬉しく
大変光栄に思っております。

産地で交流させていただいた
二日間だけでも鳥取県の青果物や
生産者さん達の魅力を
沢山発見することができました。

鳥取県の皆様にとっては
当たり前の事も
私達にはとても新鮮で、
大きな驚きと感動があります。

私達が感じた鳥取県の魅力を
ブログも活用しながら、
料理教室やセミナー、イベントなど、
さまざまな形で
積極的に心を込めて
お伝えしていきます。

野菜ソムリエの代表として
私達5人で力を合わせて
精一杯、つとめてまいりますので、
どうぞ宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。